top of page

Lambda のランタイム変更

AWSから以下の通知が来ました


We are contacting you as we have identified that your AWS Account currently has one or more AWS Lambda functions using the Python 3.8 runtime.
現在、お客様の AWS アカウントに Python 3.8 ランタイムを使用した 1 つ以上の AWS Lambda 関数があることが判明したため、ご連絡させていただきました。


Lambda での Python 3.8 のサポートは 2024 年 10 月 14 日に終了するようなので、ランタイムのバージョンを変更してみましょう。



ランタイムの変更方法

Lambda コンソールの [関数ページ] を開きます。

更新する関数を選択し、[Code] (コード) タブを選択します。



コードエディタの下にある [Runtime settings] (ランタイム設定) セクションまで下にスクロールし [編集] を選択します。


[Runtime] (ランタイム) で、使用するランタイム識別子を選択します。


[Save] (保存)をクリックします。


ヘッダー部に「関数が正常に更新されました」と表示されれば変更完了です。

対象関数が、変更したランタイムでも正常に動作するかの確認をお忘れなく。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

MY SQLで新しいカラムを追加し自動採番を設定する

今回は、MY SQLで運用しているデータベースのテーブルに、新しいカラムを追加して自動採番を設定する必要が出たので、その処理の流れをまとめます。 PurchaseListテーブルの変更 最初に、テーブルの現在の構造を確認します。 show columns from robin.PurchaseList; 現在のテーブル構造は以下の通りです。 次に、新しいカラム `stock_id` を先頭に追加し

Amazon MWSからSP-APIへの移行に関する最終リマインダーが届きました

このたび、AmazonマーケットプレイスWebサービス(MWS)との既存の統合に関する重要なリマインドが届きました。 これまでも通知があったようにMWSは2024年3月31日以降使用できなくなります。 MWSを使った業務の中断を避けるには、90日以内にすべてのMWSユーザーがSelling Partner API(SP-API)に完全に移行するか、既存のアプリ機能をサードパーティアプリに置き換える

Comments


bottom of page